ミトコンドリアと妊活の関係についての記事記事一覧

人の細胞の中には様々な細胞小器官と呼ばれる器官が存在します。細胞小器官にはそれぞれリボソーム、小胞体、ゴルジ装置、リソソーム(水解小体)、中心小体などが存在します。その中でもミトコンドリアは、酸素を用いて栄養を燃焼させ、細胞に必要な燃料を生み出す働きをする細胞小器官として存在しています。主に糖や脂肪を発熱の原料として使用しエネルギーを生産していきます。形は細長い楕円の形状をしており、文字通り緑色。...

生物の教科書でおなじみのミトコンドリア実は動物や植物・菌類などあらゆる生物の細胞に広く含まれている細胞内構造物です。もちろん人の身体にも存在し、食べ物から得た脂と糖・呼吸することにより得た酸素を使ってアデノシン三リン酸・ATPというエネルギーを作り出すという重要な役割を持っているのです。そんなミトコンドリアですが、加齢により減って行きます。放っておくと40代前半くらいから減少していくのです。疲れや...

人間はもちろん、植物も菌類も、ほとんどすべての生物の細胞に含まれる細胞内構造物・それがミトコンドリアです。生物の教科書でおなじみのあの丸いカプセルのようなものが一つの細胞に数十個から数万個存在します。肺から吸い込んだ酸素・食事から得られた栄養素は血液によって細胞に運ばれますが、それを原料として細胞が活動するために必要となるエネルギー源のATP・アデノシン三リン酸を作り出します。これが新しい細胞を作...

精子は睾丸に貯蓄されます。その増産を司るのは男性ホルモンであり、ホルモンバランスが乱されていると、睾丸に貯まる量が低下し、射精の量が減ります。精子の健康と量を決めるのは男性ホルモンだとよく世間一般では言われていますが、それが全ての源ではありません。細胞レベルでそのエネルギーを作っているのは、いゆるミトコンドリアです。最近、若い男性の精力が低下して来ていると言われています。イギリスの研究によると、こ...

ミトコンドリアは生命活動に必要なエネルギーを作り出す細胞内小器官です。このミトコンドリアは年齢とともに減少しますが、それが不妊になってしまう原因にもなりえます。どういうことかというと、卵子というのは生まれる前に卵母細胞で作り出されるもので、生まれた後は、どんどんと減っていくものです。そして残った中から、閉経するまでに少しずつ排卵をしていきます。しかも、数が減るだけでなく、質の劣化も加齢によって引き...

卵子が老化すると妊娠しにくくなりますので、自然妊娠をするためには、なるべく若い時に妊娠をすることが必要になります。卵子の老化は30代になると進行しますが、大阪のクリニックではミトコンドリアを注入する方法で不妊治療を行っており、これは卵子を若返らせることで妊娠しやすくなる効果を狙ったもの不妊治療の方法は人工授精や体外受精がありますが、この大阪のクリニックでは体外受精の際に女性の卵巣から採取したミトコ...

高齢出産の主なリスク一般的に、35歳以上の高齢での妊娠、出産は、若いときと比べてリスクやトラブルが大きいと言われています。しかし、年齢に関わらず、昔から妊娠、出産にはリスクとトラブルがつきものでした。一概に「高齢出産=危険」と言えるものではありません。高齢でも何の問題もなく出産する方もいらっしゃいますし、10代、20代でも妊娠、出産のトラブルに遭う方もいらっしゃいます。どの年齢でも油断は禁物!高齢...

一人目を無事出産・二人目もほしいけど子作りのタイミングはいつからOKなの?一人目を出産した年齢がまだ若い場合、二人目を作るタイミングにはかなり余裕があります。しかし、一人目ですでに年齢が高い場合は、二人目が欲しい場合には焦りも感じますよね。一般的に、一回の妊娠で女性は体力の面でも栄養の面でも大変なエネルギーを消費します。産婦人科医の宋美玄氏によると、一度出産してから、次の妊娠ができるベストコンディ...