不妊治療の救世主!?イースタティックミネラルの効果とは!

イースタティックミネラルとは

 

テレビでも紹介されて注目されている『イースタティックミネラル』

 

最近、不妊の原因のひとつがミトコンドリアの老化にあることがわかり、男女ともにミトコンドリアを増やしたり活性化することの重要性が説かれています。

 

そのミトコンドリアを増やすのに有効とされるのが「イースタティックミネラル」ですが、その具体的な効果とは?

 

なぜイースタティックミネラルが妊活に有効なのか!?

 

超わかりやすく解説します!

 

イースタティックミネラル配合

ミトコアの購入はこちら♪

▼▼CLICK▼▼

>ミトコア公式サイト<

 

イースタティックミネラルがミトコンドリアを蘇らせる?

イースタティックミネラルの効果を一言で言ってしまうと、「ミトコンドリアを若返らせる」ことです。

 

これだけ言われても、ナンノコッチャ?ですよね。

 

なぜミトコンドリアを若返らせる事は必要なのか?

 

なぜそれが不妊治療につながるのか?

 

なぜイースタティックミネラルがミトコンドリアを若返らせるのか?

 

順を追って解説します!

不妊の原因はミトコンドリアの老化?

今日の日本では晩婚化が進み、初産の年齢も年々上がっています。

 

35歳を過ぎてからの出産は、高齢出産となり様々なリスクがあると言われています。

 

しかも、高齢になるほど、そもそも妊娠しづらいという問題も。

 

なぜ高齢になるほど妊娠しづらくなったり、リスクがあるのかというと、高齢になるほど”卵子が老化”するからです。

 

卵子の元になる卵原細胞は、女の子が生まれる前に既に作られており、それ以降増えることはありません。

 

卵原細胞の数は、生まれた瞬間が約200万個
生理が始まる12歳では、約30万個まで減ってしまいます。

 

その後も卵原細胞はどんどん減っていき、閉経を迎える50歳頃には、なんと1000個にまで減っているのです!

 

また、死なずに残った卵原細胞も、どんどん老化していくことがわかっています。
身体の中にある卵子の中に、老化した卵子が増えていくということです。

 

では何故、卵子は老化するのでしょうか?

 

その原因は、卵子の中にあるミトコンドリアの老化です。

 

エネルギーを作り出すミトコンドリア

ミトコンドリアとは

”ミトコンドリア”という言葉は、中学校の理科の授業などで聞いたことがあると思いますが、具体的にどういうものかなんて皆覚えてないですよね。

 

ミトコンドリアの役割は様々ありますが、1番大きな役割は「脂肪を燃やしてエネルギーを作り出す」事です。
人間のエネルギー源と言えば、炭水化物と脂肪ですよね。

 

ここで少しむずかしい話をします。

 

炭水化物は身体の中で糖質に分解され、糖質は体内の”解糖系”という経路で分解されてエネルギーとして燃焼します。

 

脂肪の方はどうかというと、体内で脂肪酸に分解されて、体脂肪として蓄えられます。
体脂肪は、エネルギーが必要になった時に随時分解されて、燃やされるのです。

 

この時、体脂肪を燃やしてエネルギーを作り出すのがミトコンドリアの役割です。

 

「無酸素運動と有酸素運動」という言葉は聞いたことがありますよね?

 

短距離走や筋トレのように、瞬間的にフルパワーを出す運動が無酸素運動。
ジョギングや自転車のように、長時間継続できる運動が有酸素運動です。

 

ミトコンドリアの役割とは、有酸素運動の際に酸素と脂肪を燃やしてエネルギーを作り出す事なのです。

 

ちなみに、無酸素運動のエネルギーを作るのは前述の解糖系です。

 

このため「脂肪燃焼には有酸素運動が効果的」と言われるんですね。

 

老化したミトコンドリアが活性酸素を放出する

脂肪を燃やしてエネルギーを作り出すミトコンドリアですが、加齢と共に年々減っていく事がわかっています。

 

細胞の中のミトコンドリアが減り、ミトコンドリア自体が老化していくと、エネルギーを作り出す際に大量の”活性酸素”を放出するようになります。

 

活性酸素とは、その名の通り化学反応が起こりやすい(活性化した)酸素のことです。

 

酸素の化学反応とは、つまり”酸化”
”酸化”とは”錆び”です。

 

活性酸素は、体内のあらゆる細胞を”錆び”させてしまうのです。

 

細胞が錆びることによって、人間は老化するのです。
この活性酸素こそが、人間のあらゆる老化の原因と言われています。

 

実は、人間の体内で発生する活性酸素のほとんどは、ミトコンドリアが作り出しているのです。

 

卵子や精子の中にあるミトコンドリアも、他の細胞と同じように年々減っていき、活性酸素を放出するするようになります。

 

この活性酸素が卵子や精子を老化させ、正常な発育が出来ないくなっていくのです。

 

また、特に男性の精子は、ミトコンドリアが作り出すエネルギーを唯一のエネルギー源としています。
つまり、ミトコンドリアが老化するにしたがって精子の運動量も減っていき、卵子にたどり着く事が出来なくなってしまうのです。

 

細胞内のミトコンドリアの老化と減少によって活性酸素が細胞を老化させ、卵子の質が下がる。
ミトコンドリアが作り出すエネルギーが減ることで、精子の運動量も下がる。

 

これが、高齢になるほど妊娠しにくくなる理由のひとつなのです。

イースタティックミネラルがミトコンドリアを蘇らせる!

イースタティックミネラルとミトコンドリア

さて、ミトコンドリアの老化による細胞の老化の仕組みがわかったところで、いよいよイースタティックミネラルの登場となります。

 

細胞の老化の原因は、ミトコンドリアが作り出す活性酸素であることがわかりました。
つまり、細胞の老化を防ぐには、ミトコンドリアが作り出す活性酸素を除去する必要があるのです。

 

その活性酸素に対抗する強力な成分が「イースタティックミネラル」なのです!

 

このイースタティックミネラルを主成分とするサプリが、株式会社シンゲンメディカルが開発している「ミトコア」です。

 

ミトコアは、イースタティックミネラルの他にも卵子や精子のミトコンドリアを活性化して増やす成分を配合しており、特に35歳以上の方の妊活サプリとして非常に人気のサプリメントです。

イースタティックミネラルサプリ・ミトコア

ミトコンドリア,イースタティックミネラル,サプリ,妊活
ミトコンドリア,イースタティックミネラル,サプリ,妊活
ミトコンドリア,イースタティックミネラル,サプリ,妊活
ミトコアを飲んで、実際に妊娠した方について詳しくはこちらの記事をご覧ください
↓↓↓
イースタティックミネラルサプリ・ミトコアのおめでた報告

 

イースタティックミネラルはゼオライトの一種

株式会社シンゲンメディカルが開発したイースタティックミネラルサプリ「ミトコア」

 

イースタティックミネラルはゼオライト

 

このミトコアの原材料表示を見ると「ゼオライト」と表記されています。

 

つまり、イースタティックミネラルは「ゼオライト」の加工物であるということですね。
では、ゼオライトとは一体何?

 

ゼオライトはアルカリ性火山灰が降り積もる、熱、圧力、水の条件で凝灰岩に変化し、やがて数千万年〜数億年でゼオライトになる鉱石の一種です。

 

ゼオライトとは、「沸石」とも呼ばれ、10ナノメートルよりも小さい微細孔構造を有しており、 重金属や臭気成分を吸着除去することで知られています。
かつてソ連で起きたチェルノブイリ原発事故の際には、災害現場に大量のゼオライトを運び、セシウム137とストロンチウム90の除去をしたそうです。

 

ゼオライトには体内で水素を発生させる作用があります。
このため、活性酸素によって酸化した細胞を酸化還元して元に戻す力があるのです。

 

ミトコンドリアが発生させる活性酸素で酸化した細胞を、ゼオライトで酸化還元して元に戻すことで、ミトコンドリアの酸化ストレスを軽減し、ミトコンドリアの活性を促す効果があると考えられています。

 

最近流行りの「水素水」は、パッケージ内に水素を封入しても、消費者が飲むまでに抜けてしまうという指摘が多くありました。
しかし、ゼオライトはそもそも体内で水素を発生させるのですから、飲む前に抜けてしまうような事はあり得ません。

 

ミトコンドリアを増やすために、水素の酸化還元パワーを感じたい方は、水素水よりもゼオライトを原料とするイースタティックミネラル配合のサプリがオススメなのです。

イースタティックミネラルと他の”抗酸化物質”との違い

「老化の原因は活性酸素」ということは今では広く知られるようになり、活性酸素の影響を減らす効果のある「抗酸化物質」というものも注目されるようになりました。

 

有名な抗酸化物質といえば、ブドウなどに含まれるポリフェノールや、果物に多いビタミンCが代表的です。

 

これらの抗酸化物質の主な役割は、「細胞の身代わりになること」です。
要するに、これらの物質は活性酸素と反応しやすいのです。

 

活性酸素とは、化学反応が起きやすくなった酸素であり、周りの細胞とどんどん反応して酸化させてしまいます。
そこにポリフェノールやビタミンCなどの抗酸化物質が入ってくることで、活性酸素はそちらの方と反応してしまうため、細胞の方は守られるというわけです。

 

しかし、それでは「コレ以上酸化させない」ことは出来ますが、「酸化した細胞を治療する」事は出来ません。
また、根本的に活性酸素の発生を防ぐことも出来ません。

 

ポリフェノールやビタミンCといった代表的な抗酸化物質は、ほとんどが水に溶けやすい「水溶性」となっています。

 

しかし、人間の細胞は”細胞間脂質”という脂質で守られており、細胞内小器官であるミトコンドリアも、脂質の壁に覆われています。

 

脂質とは「油」です。
水と油は混ざらないため、水溶性の抗酸化物質は、脂質の壁に阻まれて細胞の中に入れないのです。

 

このためポリフェノールやビタミンCは、細胞から出てきた活性酸素には効果がありますが、細胞の中にあるミトコンドリアの老化を止めることは出来ないのです。

 

コレに対しイースタティックミネラルは、「イオン化ミネラル」という構造になっており、細胞の中に入ることが出来ます。
このため、ミトコンドリアに直接アプローチできる唯一の成分と言われているのです。

 

イースタティックミネラルの効果

酸化還元で細胞を蘇らせる

イースタティックミネラルには「酸化還元」という作用があります。

 

これは、発生した活性酸素を”還元”して除去する作用です。

 

活性酸素は身体の細胞を酸化させて老化させますが、人間の身体も黙って酸化されているだけではありません。
人間の身体には「酸化還元」によって、活性酸素に酸化されるのを防ぐ機能が備わっています。

 

活性酸素によって傷つけられた細胞も、自然に修復する機能を持っていますが、活性酸素に晒され続ければ老化してしまいます。
その還元機能を上回る活性酸素が発生する事で老化が始まるわけですが、イースタティックミネラルはその酸化還元作用を強力にサポートしてくれるのです。

 

イースタティックミネラルは、ミトコンドリアより排出された活性酸素をその強力な酸化還元力により還元します。
同時にミトコンドリアにエネルギーを与えることで、ミトコンドリアのエネルギー効率を高め、余分な活性酸素の排出を抑制します!

イースタティックミネラル配合

ミトコアの購入はこちら♪

▼▼CLICK▼▼

>ミトコア公式サイト<

イースタティックミネラルの副作用は?

イースタティックミネラルの原料であるゼオライトは、日本厚生労働省既存食品添加物、名簿番号-177で認められており、安全性の確認がされています。

 

またアメリカでも、ゼオライトの安全性は、アメリカのFDA(食品医薬品局)が認可しており、 米国.食品添加物許可GRAS(Generally recognized as safe)の安全リストにも挙げられています。

 

一日の量を守れば基本は安全

イースタティックミネラル⇒ゼオライトは、前述のように日本の厚生労働省や米国の食品医薬品局が認可しており、安全性が確認されています。

 

イースタティックミネラル配合サプリであるミトコアについても、一日の用法用量(一日3粒〜9粒)を守っている分には、安全と考えて良いでしょう。

 

ただし、どんな栄養も取りすぎれば毒になることもあります。
その上で、考えられるイースタティックミネラルの副作用と対策について見ていきましょう。

 

便秘・喉の渇き

ゼオライトの副作用として最も多いのが「便秘」もしくは「喉の渇き」です。

 

これは、ゼオライトが腸内に残留した有害物質を吸着して排出し、お掃除してくれることで腸内環境が改善することが原因です。
腸内環境が改善したのに何故便秘になるのか?

 

それは、腸の機能が活性化することで、腸壁から食事で摂った水分を活発に吸収するようになり、そのかわりに腸内の水分が不足してしまうからです。

 

これによって水分不足の固い便となり便秘になりやすくなります。
喉の渇きを感じるのも同じ理由です。

 

この対策は簡単で、イースタティックミネラルを飲む際に水を多めに飲むことで解決することがほとんどです。
コップ1杯の水(常温が望ましい)を先に飲んでから、その後にサプリをもう1杯の水で流し込んで飲みましょう。

 

頭痛、めまい

これもゼオライトの方の副作用としてよく聞かれる事例です。
ゼオライトは体内に蓄積した金属などを吸着して排出する作用があるため、この”排毒作用”として頭痛やめまいが起こることがあります。

 

これは体内から毒を出すための好転反応のようなもので、効いている証とも言えます。
通常は数日で収まりますが、特にアルミニウムなどの金属蓄積が多かった人は、この反応も重くなる場合があるようです。

 

また、イースタティックミネラルによる還元作用がおこると血液が健康になり、末梢血流もよくなります。
全身の血流がよくなることで、神経伝達が活発になります。これで 神経の伝達が良くなり今まで感じなかったことが敏感(本来はこれが正常)に戻っていきます。

 

これによって手足の冷えや頭痛を感じる場合もありますが、ほとんどの場合は数日で解消します。

 

繰り返しになりますが、上記はゼオライトの大量摂取による副作用の事例で、イースタティックミネラルについては一日の摂取量を大幅に超えない限りは安全なサプリメントです。

ミトコンドリアを増やす”オリーブ葉抽出物”

イースタティックミネラルは、株式会社シンゲンメディカルが開発した成分です。
イースタティックミネラルを摂取するには、シンゲンメディカルが発売している「ミトコア」というサプリを活用するのがオススメ。

ミトコア>

イースタティックミネラル配合

ミトコアの購入はこちら♪

▼▼CLICK▼▼

>ミトコア公式サイト<

 

このミトコアには、イースタティックミネラルの効果を増幅させる成分として「オリーブ葉抽出物」が配合されています。
オリーブ葉抽出物には、細胞表面にあるTGR5という受容体を刺激することにより、女性には卵子の、男性には精子のミトコンドリアのエネルギー生産を高めるはたらきがあります。
エネルギー生産量を高め、その結果としてミトコンドリアの数も増やす効果があるのです。

 

マウスを使った実験では、オリーブ葉抽出物を摂取したマウスはミトコンドリアのエネルギー産生量の最大能力の上昇が見られ、その結果としてミトコンドリアDNA量の増加も確認されました。

イースタティックミネラルはダイエットにも効果あり!?

イースタティックミネラルを配合したミトコアは、細胞内のミトコンドリアを活性化して数を増やすサプリです。

 

ミトコンドリアは生きるためのエネルギーを作り出す役割をしていますが、そのエネルギーの材料とは?
人間が生きるためのエネルギーといえば、「酸素」「脂質」「糖質」ですよね。

 

ミトコンドリアは、これらを燃料にしてエネルギーを生みだしています。
ミトコアを飲んで、このミトコンドリアが活性化するということは、「糖質や脂質の燃焼効率がよくなる」という事でもあります。

 

これによって、ミトコアを飲み始めてから「痩せた」という報告も多く上がっています。

 

ミトコアを飲み始めてから「中性脂肪が減った」「コレステロールが減った」「肝機能が良くなった」などの効果を感じた人も多いようです。

 

ダイエット成功の秘訣は、身体の代謝をあげること。

 

代謝をあげるとは、エネルギー消費の効率を良くすることです。
ミトコンドリアが活性化することで、身体は積極的に脂肪を燃焼させてエネルギーに変えていく事が出来るのです。

 

中性脂肪が高かったり、肥満である場合にも不妊になる可能性は上がると考えられているため、ミトコアでそれが解消されるなら一石二鳥!

 

ミトコアは、妊活と合わせてダイエットにも期待できるサプリと言えそうですね!

イースタティックミネラルでミトコンドリアを増やす!

イースタティックミネラルの効果について、出来るだけわかりやすく解説してきました。

 

イースタティックミネラルの特徴まとめ

・細胞の中に浸透してミトコンドリアに直接アプローチできる
・活性酸素を除去して細胞の老化を防ぐ
・ミトコンドリアのエネルギー生産量を増やす
・ミトコンドリアを若返らせて数を増やす

イースタティックミネラルの特徴

ミトコンドリアが若返ると…?

・活性酸素の発生が減り、身体の老化を防ぐ
・卵子の老化を予防する
・精子の運動量が増える
・脂肪が燃焼しやすくなる

 

株式会社シンゲンメディカルが開発したサプリ「ミトコア」は、イースタティックミネラルによってミトコンドリアの老化と活性酸素の発生を防ぎ、女性では卵子の老化を防ぎ、男性では精子の運動量を上げる効果が期待できます。

 

これまで、妊活サプリといえば「葉酸」一辺倒でしたが、35歳以上で出産を希望する夫婦の場合、葉酸による栄養補給はむしろ「妊娠中」に必要なもので、そもそも健康に妊娠するためには、卵子と精子の老化防止の方に注力した方が良いという医師も多くなってきています。

 

卵子と精子の老化防止には、葉酸も一定の役割がありますが、それ以上に重要なのがミトコンドリアの老化防止!

 

イースタティックミネラルは、現時点でミトコンドリアに直接アプローチできる唯一の成分として開発され、女性・男性本来の役目を果たすことをサポートしてくれます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

イースタティックミネラル配合

ミトコアの購入はこちら♪

▼▼CLICK▼▼

>ミトコア公式サイト<