妊活で男性ができることは運動?男性不妊にも気を配ろう

妊活,男,出来ること

 

こんにちは。村上です。

 

妊活の為に男が出来ることは何か?

 

言うまでもなく、子どもは男女二人がいなければ出来ないもので、女性だけで授かれるものではありません。

 

「妊活」というと、何かと女性ばかりが頑張っているイメージがありますが、根本的には夫婦ふたりで行うべきものです。

 

妊活において、男性ができること・すべきことは何か?
この記事では、とりわけ「運動」の重要性に焦点を当てたいと思います。

 

これについて考えてみましょう!

そもそも不妊原因の半分は男性

晩婚化がすすむ日本では、不妊に悩む人が増えています。

 

35歳を過ぎると、女性の卵子は老化が顕著になり、普通の夫婦生活をしていても、なかなか思うように妊娠出来ないことが増えてきます。

 

このため、産婦人科に通って不妊治療をしたり、葉酸サプリやミトコンドリア活性サプリを摂取して生殖機能の老化を防ぐことが必要なのです。

 

しかし、不妊の原因は女性側だけにあるのではありません。

 

世界保健機関(WHO)の調査によると、不妊の原因の約半分は男性の方にあるようです。

 

男からすると「射精できているんだから問題ない」と思いがちですが、大間違いです。

男性側の不妊の原因は、「精子の数が少ない」「精子の運動率が悪い」などの問題。

精子が卵子にたどり着くことで子どもは生まれるわけですから、その精子が少なかったり、元気がなかったりというのは大問題なのです。

 

女性の卵子が老化するように、男性の精子も老化するのです。

 

ミトコンドリア減少によって精子が老化

精子の老化とは、具体的には精子内のミトコンドリアの減少が顕著になること。

 

ミトコンドリアとは細胞の中でエネルギーを生み出している器官で、このミトコンドリアが減少するとエネルギー不足となって細胞自体が老化してしまいます。

 

男性の身体の中でも、特にミトコンドリアが多い細胞が精原細胞や精子本体です。

 

精子は、ミトコンドリアが作り出したエネルギーによって卵子に向かっていくし、そもそも精子を作り出しているエネルギー源もミトコンドリアが供給しているのです。

 

男性であっても、老化によるミトコンドリアの減少には注意する必要があります。

 

男性不妊を予防するためにできることは?

夫婦揃って妊活をするのであれば、男性側にもするべきことがあります。

 

ミトコンドリアの減少による精子の老化を防ぐためにも、健全な夫婦生活のためにも、まずすべきなのは定期的な運動

 

 

運動によって全身の血流が増えること。
そして、エネルギーを消費することによって、エネルギーの需要が増えることは、ミトコンドリアの活性に繋がります。

 

逆に、運動を嫌って怠けてばかりいると、エネルギーの必要量が減ってミトコンドリアも減少してしまうのです。

 

また、全身の血流が増えれば、当然男性器や精巣に流れ込む血液の量も増え、新鮮な酸素や栄養が供給されて男性機能もアップします。

実際のところ、男性の勃起不全や中折れなどについては、サプリやら何やらよりも運動が最も効果が高いと言われています。

 

一日30分以上のウォーキング、スクワット30回程度の軽い運動からでも良いので、夫婦揃って始められればベストですね。

 

まとめ 男はまず運動によって性機能の老化を防ごう