ミトコンドリアは精子のエネルギーを作っている!男性不妊との関係も

ミトコンドリア,精子

 

精子は睾丸に貯蓄されます。

 

その増産を司るのは男性ホルモンであり、ホルモンバランスが乱されていると、睾丸に貯まる量が低下し、射精の量が減ります。
精子の健康と量を決めるのは男性ホルモンだとよく世間一般では言われていますが、それが全ての源ではありません。

 

細胞レベルでそのエネルギーを作っているのは、いゆるミトコンドリアです。
最近、若い男性の精力が低下して来ていると言われています。
イギリスの研究によると、ここ40年で先進国の男性の精子は50%以上も減っているのだそうです。

 

若者の草食化、と言えば聞こえは良いですが、活発な精子を作れない20代から30代の男性が増えています。
その世代なら特別な対策をしなくても、心身の健康を維持出来ると考えられていました。

 

しかし、最近の若者は実にシビアな労働環境と生活環境を強いられています。
低賃金労働で毎日長時間、ストレスフルな仕事を強いられており、ミトコンドリアの活動量が低下しています。
根本的なエネルギー源であるミトコンドリアが元気を喪失していたら、成人男性としての生殖機能も減退します。

 

実際に統計的にも若い男性の出す射精時の量、そして鞭毛運動の活発さが減ってきていると報告されています。
鞭毛運動が正しく行われなと、男性が膣に射精しても、肝心の着床が起きづらくなります。

 

減退の原因はストレスや偏った食生活、心労による暴飲暴食や精神の疲労、そして睡眠不足によって誘発されます。

 

ミトコンドリア,精子

ミトコンドリアが減ると精子の運動率が下がる

ミトコンドリアが生活習慣の影響で減ると、精子の運動率が下がります。

 

若い男性が突然EDになってしまう事はありません。
しかし、ミトコンドリアの減少で運動率が低下すれば、毎晩のように子作りに励んでも不妊状態が続いてしまいます。

 

男性のペニスから射精された精子は、膣の奥に位置する子宮まで泳がなければいけません。
精液の中には数え切れない程の精子が入っており、酸性の膣の奥へ到達出来るのは、ほんの一握りです。

 

オタマジャクシのように自力で子宮まで泳がなければならず、精子のエネルギー不足が起きていると、射精された精液に含まれる全てが、子宮に到達する前に死んでしまいます。
セックスを毎晩のように行い、きちんと膣内射精で子作りをしている、更には夫にたくさんの精液を出してもらっているのに、なぜか不妊状態が続く、そういった悩みを抱える女性がいますが、その原因はセックスのやり方にあるのではなく、根本的な部分にあります。

 

夫の体内のミトコンドリアの量が減っていると、運動率が慢性的に低下しますので、いくら毎晩のように子作りに励んでも着床に至らないため、くたびれ儲けになります。
精液の質や量と活動量はまた別問題であり、男性が若くて勃起力や精液を大量に出せる体力があっても、肝心の細胞レベルの働きが弱っていれば本末転倒なのです。